世田谷区梅丘 小田急線梅ヶ丘駅

まつきよ税理士事務所

トップページ > コラム > 必要経費について

必要経費について

個人事業主のみなさん、そろそろ確定申告の季節を迎えますので今一度のおさらいです。必要経費について。経費じゃないですよ、正しくは必要経費ですよ!「必要」の意味を今一度確認しましょう。

法律に定めあり

必要経費のきほんについては、所得税法第37条第1項に規定されています。

その年分の不動産所得の金額、事業所得の金額又は雑所得の金額(事業所得の金額及び雑所得の金額のうち山林の伐採又は譲渡に係るもの並びに雑所得の金額のうち第三十五条第三項(公的年金等の定義)に規定する公的年金等に係るものを除く。)の計算上必要経費に算入すべき金額は、別段の定めがあるものを除き、これらの所得の総収入金額に係る売上原価その他当該総収入金額を得るため直接に要した費用の額及びその年における販売費、一般管理費その他これらの所得を生ずべき業務について生じた費用(償却費以外の費用でその年において債務の確定しないものを除く。)の額とする。

必要経費は何なのか、それは法律で決まってます。言われてみれば当たり前と思われるかもしれませんが、実際みなさんが何を基準に決めてるかっていうと、必ずしも法律に則ってというかんじではないように私は感じています。決して、なんとなくとか、みんなと同じとか、マイルールとかではなく、法律どおりが正解です。

前掲の条文に、必要経費にするものがいくつか挙げられています。太文字の部分を箇条書きにしてみます。

まず1つ目は「総収入金額に係る売上原価」、売上原価のことです。たとえば、小売りだったら商品、飲食店だったら食材などのうち、総収入金額(売上高など)に対応するものです。売上高に対応するというのは、つまり売った分ということです。なので年内に仕入れたものでも年末に売れ残っている分は売上原価にはなりません。

それから、売上高に対応する売上原価は必要経費になるということは、言いかえると、その年の売上高に対応していない(紐づいていない)売上原価は必要経費にならないというです。たとえば、仕入れたけど売れてないものはもちろん、プライベートで使うことにしたものや、仕入れた食材を自分の食事(生活費のうちの食費)に使用した場合などです。ちなみに、こういった場合は売上原価から外すのではなく、対応する売上高を計上せよという規定があります(たな卸資産等の自家消費)。

2つ目は「総収入金額を得るために直接に要した費用の額」。これは売上原価ではないものの、売上高に対して直接的な費用です。売上がなければ発生しないし、売上が増えるほど増える費用のことなのでしょう。たとえば、通信販売の送料などでしょうか。これも売上高に対応するものだけを必要経費にします。

3つ目と4つ目は「その年の販売費、一般管理費その他これらの所得を生ずべき業務について生じた費用の額」。「その年の」ってことなので、売上高に対応するかどうかではなく、その年のものかどうか、つまり期間対応です。また「業務について生じた」なので、業務上かかった費用です。

もういちど

もういちどまとめると、必要経費になるものはこちらです。

つまり、売ったものの仕入や売るのに直接かかった費用と、営業するのにかかった費用と、大きく分けてその2つが必要経費になります。その他のものは必要経費になりません。

生活費は可処分所得から

必要経費が何なのか判断するのは、納税額を計算するためです。儲けによって納税額が決まります。あなた商売してどんだけ儲けたんですかっていう計算をするためなので、当たり前ですが、商売にかかったものしか入りません。もし商売と関係ないものまで入れてしまったら、どんだけ儲けたんですかがおかしくなってしまいます。そうすると、税金の計算がまともにできなくなってしまいます。

生活費(衣食住など)や遊興費は、必要経費にはなりません。税金の考え方からすれば、こういったものは、商売などして儲けたもの(所得)から税金を支払い終えた「可処分所得」から支出するものです。可処分所得にあわせた身の丈の生活をしてください。たいてい身の丈を超える遊興費を支出してしまうと、必要経費に入れてしまいたくなるんでしょうね。男ってバカですね。男のバカにつける薬はないですから、バカなことを自覚して生きていくしかありません。遊ぶにしても身の丈に抑えて遊んでください。自営業にとって一番いいのは、遊ばないで寝るとき以外は仕事することですけどね!

何が必要経費で、何がそうでないのかは、税理士など誰かがガミガミ言うでもなければ誰も指摘してくれません。自営業は孤独です。どうしても内向きになりがちです。だからといって、こっそりインチキしようなんて考えず、オープンになっても恥ずかしくないように、週刊誌やSNSに晒されても炎上しないように、じぶんの胸に手を当てて、しっかり判断しましょう。税金を少なくするくらいのことで魂を売らないでください。魂が腐ってしまいますよ。多少のカネより魂を大事にしたほうがよいと私は思います。

2020月11月27日


前のページに戻る