世田谷区梅丘 小田急線梅ヶ丘駅

まつきよ税理士事務所

トップページ > コラム > 会計ソフトはいらない

会計ソフトはいらない

会計ソフトを買おうとしている方、どの会計ソフトを買おうか迷っている方へのご提案です。

青色申告をするには

青色申告をして青色申告特別控除の65万円控除をするには複式簿記のルールに沿った帳簿を作成する必要があります。現実的には、会計ソフトを利用しないとできません。

それじゃあ会計ソフトを買う?

青色申告するのに必要なら買おうかなと思われるかもしれませんが、ちょっと待ってください。買うべきなのは、ご自身で記帳する方のみです。記帳を税理士に依頼すれば、ご自身で記帳しなくてよく、よって会計ソフトも不要です。

ご自身で記帳する意味があるか

もちろんご自身で記帳したい、だから会計ソフトを用意するというのもいいとは思います。ただ、ご自身で記帳する意味が本当にあるでしょうか?個人事業主や小さい会社にはあまり意味がないのではというのが私のこれまでの経験則です。

会計ソフトよりも優先すべきこと

せっかくご自身で商売する道を選んだのですから、本来業務に集中して、とことん追求して、あるいはいろんな人に会って話を聞いて、知見を広めることに時間を費やすべきだと私は思います。

チェック機能がない

また、ご自身で記帳するデメリットとして、チェック機能が働かないことが挙げられます。領収書や請求書などの「書類」の整理から会計ソフトを利用しての「記帳」まですべてご自身で行なってしまうと、どうしてもチェックが疎かになります。悪いことするつもりはなくても、うやむやにしてた部分を税務署に指摘されて大事に至るなんておそれもありますので、誰かにチェックしてもらったほうが安心です。もし税理士に任せれば自然とチェックが入りますので、そういった意味でもお任せいただくことをおすすめします。

会計ソフトはいらない

起業するさいにインターネットで情報を集める方が多いようです。インターネット上の情報、とりわけ会計ソフトのベンダーが運営するサイトや、アフィリエイトを目的としたサイトの多くは会計ソフトへの誘導となっているので、鵜呑みにした方の多くは会計ソフトを用意してしまう傾向にあるようですが、まずは税理士にご相談ください。そのうえで本当に必要であればご用意されたらよろしいかと思います。


前のページに戻る